キャッシングを極めるためには?

消費者金融-キャッシングの達人とは


お金に対してきちんとした知識と、自分に合ったキャッシング企業を選ぶ目、そして決して必要以上の借り入れを行わず、返済プランを考えている人のことを「キャッシングマスター」と呼ぶことができます。

もちろん借り入れをすることがなく、貯蓄の達人になる方が良いのかもしれませんが、人間ですからどうしてもお金を融資してもらいたい時はあるでしょう。 そんな時はぜひ「キャッシングマスター」に早変わりしたいものです。

キャッシングマスターになるということは、自分が暮らしやすい、心地良い生活の為の工夫を行えるということとも言えます。現代ではいつ何が起こるかわからない時代です。

キャッシングマスターになることは、身につけておきたい大切なスキルとも言えるでしょう。では「キャッシングマスター」になる為に押さえておきたいポイントはどこなのか、一緒に見て行きましょう。

まずひとつ目は、不要なキャッシングを行わないことです。借り入れたお金は自分のお金ではないということを理解しておいてください。そしてふたつめは、リスクしかないキャッシング業者から借り入れないこととなります。いわゆる闇金ですね。甘い言葉で誘ってくる業者には注意です。

みっつ目は、自分が融資を受けた金額をしっかりと知っておくこと、と言えます。「あれ?いくらだっけ」というのはぜったいにアウト。毎月の収入の二割を超えた返済額になったら要注意と言えるでしょう。

四つ目のポイントは、その月に金銭的な余裕があったら、返済はいつもより多めに、というのが基本です。返済期間が長期化すると、それだけ支払う金額も多くなります。前倒しで返済してしまいましょう。

最後のポイントですが、万が一返済が間に合わない時は、先に業者に相談してください。こちらの誠意を見せることで打開できる可能性もあります。

キャッシングをすることは、ネガティブな行為ではありません。キャッシングマスターになって、ぜひご自身の生活をサポートしていってください。

キャッシングとローンの違いを教えて欲しい

突然の出費に頭を悩ませた時などは、キャッシングサービスを利用するのが便利でおすすめです。ただ、未だに消費者金融を利用することに、後ろ暗い気持ちになる人も多いようです。

確かにキャッシングって、ドラマなどの影響でしょうか…取り立てとか、詐欺とか、なんだか恐いイメージがつきまといます。

ですが実際は、使い方さえきちんと行えばキャッシングというのは生活のサポートをしてくれるサービスですし、今よりももっと金銭的に困窮してしまうかもしれないリスクから回避できるツールでもあるんです。

まずはキャッシングの基本的なことを知っておきましょう。

キャッシングに今まで興味を持ったことがない人の中には、キャッシングとローンの違いもよくわからない、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

キャッシングというのは個人向けの少額融資のことを表す言葉で、借りる際には担保も保証人もいりません。通常は銀行などで融資を受ける際にはローンという言葉を活用すると思いますが、有名なものとして「住宅ローン」「自動車ローン」などが存在します。

住宅ローンや自動車ローンは、キャッシングと違い、資産を担保にすることで、お金を融資してもらうことが可能ですが、キャッシングは担保も保証人も不要、個人の信用で少額のお金を借り入れることができるのです。

融資までのハードルが低いのが特徴でしょう。但し、ローンよりも高めの金利設定になっているところもポイントです。

またローンとキャッシングの大きな違いとして挙げられるのが、受けた融資の使い道が決められているか、それとも自由なのか、ということでしょう。住宅ローンとして借りたお金は、言葉通り「家を購入」「家のリフォーム」として利用することしか出来ません。自動車ローンの場合もまた然りです。

キャッシングのケースでは、受けた融資をどのように利用してもその人の自由と言えます。生活費に回しても、交際費に回しても、嗜好品を買っても、旅行に行っても、その人の自由なのです。自分の生活をより良い毎日に変える為に活用できるのが、キャッシングサービスだと思ってください。

ところで、冒頭でも少し触れましたが、「キャッシングは取り立ての恐いイメージがある」と思っている人は多いです。ですが実際はドラマのような取り立ては存在しません。

返済請求にもしっかりとしたルールが定められていますので、大きな企業であればあるほど信用が第一、返済が遅れた際には電話や手紙で「返済が滞っていますよ」といった連絡が来るのみです。

とはいえ余りに同じことを繰り返していると、連絡の回数がどんどん増えていきます。万が一返済が遅れそうな時は、事前に連絡を入れることが重要、そして返済プランがないようなキャッシングを行わないことが大切です。

キャッシングをひとつにまとめたい時

ひとつのキャッシング企業だけではなく、ふたつ以上のキャッシング企業からお金を借りているケースのお話をさせてください。 キャッシングで融資を受けた場合は、受けた融資が少額であればそれだけ高金利になるシステムになっています。

ですから少ない金額の融資を幾つかの企業で借りているケースでは、低金利を狙って一本化してしまうのがおすすめです。たとえば100万円の総額であれば、3社から4社の間で一本化してしまうのです。

知人の話になりますが、彼は住宅ローンの融資を受けていた某金融機関で、「おまとめローン」サービスを受けようと考えていました。実際に足を運んで相談してみたところ、「3社ほどで100万円くらいの想定がベースとなっています」と言われたそうです。

その知人は、年収三分の一以内に収めていましたが、その時利用していたキャッシング企業は6社、残っていた返済総額も200万以上ありましたので、受け付けては貰えなかったようです。

銀行系の金融機関では通らなかったおまとめローンですが、消費者金融系の同サービス審査にはクリアしできました。但しその時に言われた条件がありました。

ひとつ目は、「借り入れたお金で他の企業のキャッシングを全て返してしまうこと」。もうひとつは、「おまとめローンを利用した企業以外ではキャッシングを行わないこと」ということです。

言われた通り彼は、他の企業で借りたお金を、受け取ったお金で返済しようとしましたが、生活に困窮し、最後の1社だけは返せなかったと言います。

すると、ふた月後には、おまとめローンの為に利用したキャッシング企業からも、融資を受けられなくなりました。個人信用情報機関というのは共有されている為、その人の動向がすぐに分かってしまうんですね。

もちろんおまとめローンで利用したキャッシング企業との約束を守れなかった彼が全面的に悪いです。但しその前に、銀行系の企業を、ひとつだけで断念したのも勿体なかったと思います。

返済を滞らせているわけでもなく、遅れているわけでもなかったのですから、他の銀行系企業も探してみるのもひとつの手立てかもしれませんね。

最近では「乗り換えローン」「おまとめローン」など、借金の一本化をお勧めしている銀行は少なくありません。銀行キャッシングは低金利が売りです。ぜひまずは、ネットなどで探してみてください。

信販系キャッシングサービス

「クレジットカードを作りませんか?」…大型スーパーやデパートなどで買い物をしていると、クレジットカードの勧誘を受けることは珍しくありません。

お得にショッピングできる、今日はポイントが何倍です、などという言葉に誘われ、うっかり作ってしまう人も多いでしょう。その結果、気付けばお財布の中には使われていないクレジットカードが何枚も眠っている、なんて人も少なくないのではと思います。

クレジットカードは店舗での買い物や通販の時に役立ってくれますが、キャッシングをする際に利用する人もいます。新たにキャッシング企業からお金を借りるよりも、使い慣れたクレカでキャッシングしたい、という人です。

銀行のキャッシングカードを作る際にはある程度審査が厳しいのが特徴です。その分低金利が魅力ですが、審査をパスするには高いハードルが待っています。

その銀行と比較すると、信販会社系のキャッシング企業というのは審査が若干緩やかです。銀行系キャッシングの申し込みに通らなかった人でも、クレジットカード系キャッシング申し込みは通過できたというのは珍しい話ではありません。

ただし前述しましたが、お得さから考えると銀行でのキャッシングの方がやはり上にいきます。金利を確認すると、一番上の限度が銀行キャッシングの場合15%前後の利率になっていますが、信販系キャッシングの場合は18%ほど。

お得に融資を受けるのであれば、銀行キャッシングサービスを狙うのがいいと思います。

ですが最近では、キャッシングサービスを前面に押し出すような信販会社も登場しています。銀行キャッシングサービスと遜色ないような低い利率で融資を受けられるような、クレジットカード系キャッシングサービスです。

とはいえ低金利でキャッシングできるというのは、サービスを提供する側にとっては利用者の信用度をさらにきちんと確認する必要があります。比例するように、カード申し込み時の審査のハードルも、現在よりも上がってしまうという覚悟が必要です。

もうこうなってしまうと、銀行より簡単にキャッシングできる、クレジット系キャッシングの長所というのが薄らいでしまう気もしますが…。

あまり変わらない審査内容でしたら、キャッシングに強い金利だけではなく限度額も期待できる、銀行キャッシングサービスを試してみる方が個人的にはおすすめに感じます。